BLOG TO THE DISTINATION

予防接種やノミダニのお話し

スポンサードリンク

GWも終わりましたね…また皆さんお仕事が始まったり、GWお仕事頑張った方はやっとお休みだったりですね。少し長い投稿になりますがわんちゃんの健康の為にご拝読頂けると幸いです。

スポンサードリンク

今日はこの時期皆さん足げく通う動物病院で、

ワクチン接種や狂犬病予防はたまたノミダニ、フィラリアのお薬のお話…

当店でも会員になって頂く時、狂犬病やワクチン接種をしていますか?と言うことで、証明書をご提示願っています。

これはやはり、不特定多数のわんちゃんが出入りする事で、危険な感染症から遊びに来てくれているワンちゃん達を守るためでもあります。

しかしながら、当店では高齢犬、アレルギー、心臓病、その他持病によって、狂犬病やワクチン接種を控えてる、また病院からも控えるように…と言われてるわんちゃんに限っては、接種していなくても会員になって頂けます。

また昨今、病院でも安価にワクチンの抗体が残っているか否かの検査も出来るようになってきていますので、毎年々過剰にワクチンを打ちたくないという飼い主様は、抗体検査の結果表をご持参頂けば、ご利用可能となっています。なぜこのようなシステムなのか…

それは正直狂犬病予防やワクチン接種の過剰投与に疑問をもっているからです。当店の看板犬の通う病院ではワクチン接種は5種に限り3年に1度という証明書を出してくれます。なので看板犬るいは3年に1度しかワクチン接種は打っていません。

ワクチンや狂犬病は、要するにその病原体を体に植え付けるのです…けして体にいい成分ではないことを容易に想像できますね。

人間ならば、乳幼児期にワクチン接種をしたら、延々と大人になっても打ち続けますか?

できるだけ、体に負担がかかる事は愛犬にはさせたくありません

それは海外の臨床報告の文献からも色々報告があるからです。

例えば10年の命と過程して大雑把な計算ですがワクチンを毎年打ち続けると10回打つことになります。

3年に1度なら3回…この差ってとても大きいと思いませんか?

その病原体を注入する事で、腎臓や肝臓が解毒のする為にフル稼働体が歳を重ねる事に悲鳴を上げだします

高齢犬にいつまでもワクチン接種や狂犬病を打ったり、アナフィラキシーショック症状をおこすからと、ステロイドの注射を打ってからワクチン接種をしたりなど、本当によくよく考えて頂きたいのです。

物言えない愛犬の体がどれほど酷使されてるか…

そして、お出かけするから、カフェやドックラン、はたまたどこかに宿泊するから…と上記に書いたような仔たちにもワクチン接種をする方がいらっしゃいますが、それも注意が必要です。

そこまでして出かけなくちゃいけないの?

それが元で高齢犬などは体調を崩したり、過剰投与によって癌、腎不全などなど、病気を誘発する可能性も極めて高くなると言うことを考えられた方がいいと思います。

犬達って、お出掛けが楽しいのじゃないですよ…

飼い主さんと一緒に居られればそれが1番楽しいのです。

そんな理由から、当店では狂犬病、ワクチン接種を、正当な理由があれば免除させて頂いてる所以です。

その代わり、ドックランもドックカフェも定期的に乳酸菌主体の消毒液で消毒させて頂いておりますし、またワンちゃん達に、免疫力、自然治癒力をあげる為のアドバイスもさせて頂いております。

免疫力アップ…どんな病気にも負けないような、強い体を作る、そんな事に力を注いであげて欲しい…と願うばかりです。また、この時期フィラリアのお薬を飲み始めますね。

病原体を持った蚊にさされる事で、血液中に虫が媒介してしまうフィラリア症は正直怖いです。

当店の看板犬もこれだけは拒否出来ず飲ませています。

蚊に刺されないように過ごすことは、家の中に居ても無理ですものね…

ただ最近はフィラリアの薬にプラスされてノミダニも1度に予防できますよ…

なんていかにも便利で簡単に…と進められるようです。

1つで全部予防出来るの?あら〜便利、簡単!ラッキー🎶なんて飛びついてる飼い主さん!

わんちゃんへの体の負担考えて上げてますか?

病院から進められるもの全てが、安心安全ではありません…

我が愛犬の為によくよく考えて与えて下さい。

当店のお客様には、絶対おすすめしていません…フィラリアの薬だけにしてあげて…と

海外の文献では、フィラリア、ノミダニ混合の予防薬を投与し続けて、

てんかん発作を誘発したり、心臓病になったり…ということが報告されています。

ノミダニを殺す為の殺虫成分が体内(血中)を巡るのです。

かと言って、100%ノミダニから体を守るわけではありません、それはスポットオンタイプの液状に体に垂らすものも、結局は毛穴から体内に入り込み、内臓を酷使します。

これらの薬はノミダニが体についても、その強力な殺虫成分で虫が死に、体から堕ちるという原理なのです。ノミダニに関しては、当店では正規小売店でもあります、首から2年間下げておくだけで、虫から体を守ってくれる、カタンドッグメタルをおすすめしています。メタルが揺れる事により、地球の磁場に反応して、虫が嫌な周波数を出して、犬達の体に周波数の膜を作ってくれます。これによって虫が寄り付きにくい体をなってくれます。勿論これも100%ノミダニから守れるものではありませんが、体に負担なく、勿論内臓にだって全く無害です。

人間よりはるかに短い犬生、できるだけ体に負担なく過ごさせてあげてほしい、そんな思いで微力ながら、伝えていきたいと思う限りです・・・

ナチュラルケアの積み重ねで、わんちゃんが高齢になった時に、明らかに差が出てくることは言うまでもありません。

病気にならない為に免疫力をあげ、自然治癒力を強化してあげることを推奨いたします。

アドバイス、ご相談も承っております。

飼い主さん、愛犬を守ってあげられるのは、あなただけです・・・

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP