BLOG TO THE DISTINATION

乾燥の季節は肺がお疲れ・・・

スポンサードリンク

こんにちは、前回の投稿から随分と日にちが経ってしまいました。

時の経つのは早いモノですね。

ドッグランもすっかり雪景色・・・きっともう根雪になるでしょう

看板犬のシニアにりる(12歳)も大はしゃぎです

スポンサードリンク

寒い時期になると、外も室内も乾燥の時期ですね。

室内では加湿器なども活躍のアイテムになるでしょう

乾燥は大敵、風邪なども引きやすい要因の一つです。

そしてこの乾燥に時期、活躍し過ぎてお疲れ様になるのが

「肺」なのです。肺の働きはご存知の通り、外気の空気を吸い込んで

そして体内の汚い濁気を外に吐き出す・・・お部屋についてるロスナイみたいですね(笑)

肺が疲れていると、鼻や皮膚などに変化が現れます、そしてまた肺と大腸は密接な関係があります

昨今メディアでも沢山取り上げられて、皆さんもご存じだと思いますが

腸内環境を整える事こそ、免疫力を上げて、健康な体作りを司る。ということ

この腸活が、肺の働きを助けてくれたり、また肺の働きが元気であれば

大腸の働きも活発になり、いいお通じが望めるという関係があります。

わんちゃんとなんの関係があるんだい?って感じですが

人もわんちゃんも肺はとてもこの時期疲れています

寒さ、乾燥・・・室内の加湿には気を使ってくださいね

また寒くなってくると、わんちゃんも自身で水分摂取は少なくなりますので

ヤギミルクを薄めてあげるとか、米麹甘酒を薄めてあげるとか、何等かの方法で

いつもより水分補給に気を付けてあげてください。

そして肺を潤してくれる食材もお勧めです

カブや白ごま、きのこ類、かぼちゃ、さつま芋、人参など

ショウガもほんの少しすり下ろしてごはんに混ぜてあげてもお勧めです

特にドッグフードを食べてる仔は、圧倒的に水分量が不足しています

よくお肉やお野菜をトッピング・・・など見かけますが

それならば上記の野菜をたっぷりのお湯で煮て、

その煮汁ごとたっぷりとフードにかけてあげるほうがお勧めです。

寒い時期、腸活と肺活?(笑)に気を配りましょう。もちろん人間もね・・・

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP